2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】千葉県内新たに20代2人判明 1人は都内で頻繁飲食

 千葉県内で31日、新たに2人の新型コロナウイルス感染が判明した。いずれも20代で、浦安市の無職男性とパキスタン国籍で兵庫県の男性会社員。同国籍の男性は成田空港での入国時の検査で分かった。2人とも入院を調整中。県内での感染確認は2日連続で、感染者は累計909人になった。

 県によると、浦安市の男性は5月22日に37・5度の熱やだるさが出る前から、不特定多数の知人と東京都内で繰り返し飲食。このうち1人の陽性が26日に判明し、把握した都から濃厚接触者の調査依頼を受け、県が男性を調べて感染が分かった。直近ではせきやくしゃみ、息苦しさの症状があるが、軽症という。

 パキスタン国籍の男性は輸出関係の仕事に携わっており、新型コロナが流行する同国に3月以降、継続して滞在。5月29日に成田空港から入国し、検疫所の検査で感染が分かった。症状はない。

 一方、県は31日、段階的に解除するとした休業要請について、6月1日午前0時に予定通り、パチンコ店やスポーツジム、テーマパークなどの「第3段階」の解除を行うと発表した。


  • LINEで送る