2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

千葉県立校6月再開へ 分散登校、部活は15日以降

 千葉県教委は22日、新型コロナウイルス対策で3月から休校が続く県立学校(高校や特別支援学校)の授業を、千葉県への緊急事態宣言が5月末までに解除されれば、6月1日から段階的に再開すると発表した。

 最初の2週間は全員での授業をしない分散登校。各学級の生徒を午前と午後に分けて1日3時間程度の授業を行うといった想定だ。

 6月15日以降は全員同時の授業を認めるが、通勤混雑時間帯を避けた午前9~10時前後の登校とし、授業も短縮。午後4時半に下校完了とする。部活動も15日から、午後4時半下校に間に合う範囲で実施可能。密閉、密集や接触プレーは避けることになるという。

 沢川和宏教育長が記者会見で説明。緊急事態宣言が延長されれば、学校の段階的再開自体がずれ込む。決定済みの夏休み短縮などで、勉強の遅れが生じないようにする考えも強調した。

 5月中に家庭学習や健康の状況確認で、1時間程度の登校機会を設ける。


  • LINEで送る