2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】野田の10代男児感染 2日連続ゼロならず 千葉県内

 千葉県内で20日、野田市の小学生10代男子児童1人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉県内で確認の感染者は累計901人に増え、19日に記録した感染判明ゼロは継続しなかった。男子児童は軽症で、接触のあった同居の家族ら3人の感染が判明済み。千葉県内では42人の死亡が確認されており、退院した人やホテルでの療養を終えた人は737人となっている。

 千葉県によると、児童は16日に38・6度の熱と頭痛の症状が出て、18日に千葉県内病院を受診。19日に同ウイルス陽性と分かった。18日には熱が下がり、現在は特に症状がなく軽症だが入院を調整している。濃厚接触者は同居の母と他に十数人で、千葉県が健康観察している。

 児童はいずれも4月24日に感染判明済みの10代妹と20代の姉と同居しており、接触があった。また母の知人で自宅を訪問した40代男性=5月11日に感染判明済み=とも複数回接触しており、いずれかが感染経路とみられる。このうち姉妹は既に回復し、男性は入院中だという。

◆千葉県が陽性率初公表 直近1週間は1% 3月下旬には17%

 千葉県は20日、新型コロナウイルス感染有無を調べる千葉県内でのPCR検査について、検査件数に対する陽性(感染判明)件数の割合を初めて公表した。この陽性率は1週間単位で集計。直近の5月18日までの1週間では1471件の検査に対し陽性が14件で、陽性率は1%だった。3月30日までの1週間は17・6%、4月20日までの1週間でも10・3%に上っていたが、以降は大きく低下した。

 千葉県によると、県と千葉市、船橋市、柏市による検査結果を集計。21日以降、ホームページでも随時公表する。検査が本格化する他自治体医師会などへの委託分も反映する方針。

 千葉県への取材で、直近の1日分の検査結果も判明。5月18日は105件の検査に対して陽性がゼロ。5月17日は95件の検査で陽性2件、5月15日は244件の検査で陽性8件だった。


  • LINEで送る