2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

<新型コロナ>パチンコ店公表「さらに集まる」 地域住民、集団感染も危惧

休業要請に応じず県が店名を公表したパチンコ店の駐車場。多くの車が並び、他県ナンバーの車両もあった=1日午後、松戸市(画像は一部加工しています)
休業要請に応じず県が店名を公表したパチンコ店の駐車場。多くの車が並び、他県ナンバーの車両もあった=1日午後、松戸市(画像は一部加工しています)

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、休業要請に応じず営業を続けているパチンコ店について県が1日、店名の公表に踏み切った。公表対象となった店舗の客や近所の住民の多くからは「営業している場所が分かり、さらに人が集まってしまう」と懸念する声が上がった。「クラスター(感染者集団)が起きて万が一地域に広がってからでは遅い。公表を機に全店舗休業して」と強く訴える住民もいた。

 1日午後、店名が公表された松戸市内のパチンコ店。駐車場には頻繁に車が出入りし、複数の近所住民は「普段の平日よりも多い」と驚いていた。「野田」を中心に県内ナンバーの車が目立ったが、「足立」や「横浜」「大宮」など県外の車もあり、近くのコンビニを利用する人もいた。

 来店した松戸市の男性(22)は、新型コロナの影響で派遣の仕事がなくなったという。パチンコ店の休業には否定的で「暇なので週に何度か来ている。手洗い、うがいをしていれば大丈夫だと思う」と話し、店名公表後も「営業していれば行く」と言い切った。

 柏市から同僚同士で訪れたいずれも29歳の男性2人は「家にずっといるのもめいるし、やっていれば来るのは他の人も同じ。(感染の危険性は)スーパーもコンビニもある」とパチンコ店ばかりが批判的に扱われる現状に疑問を呈した。

 船橋市の男性(24)は店を訪れたが、客が多く感染防止のため入店せず「営業店が分かれば、(パチンコを)打ちたい人は必ず行く」と指摘。店側はパチンコ台の消毒など対策を取っているものの「空いた席にすぐ移動してしまう人もいる」と説明した。

 店の周辺に住む住民の間では、感染が地域に広がることを危惧する声が聞かれた。6歳の娘と親子で散歩していた男性(42)は「こういう時期はやめてほしい。(県外の利用客について)来ないでほしい」と強く求めた。

 3人の子を持つ40代女性は「人がたくさん集まって嫌だなとずっと思っていた。公表に効果があるか不明だが、クラスターが怖いので閉めてくれる結果になれば」と切実な様子。一方、生後間もない子を持つ30代女性は「公表はかえって人を呼ぶのでは。補償をつけて閉めてもらうのが理想だが…」と表情を曇らせた。


  • LINEで送る