2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

休校月末まで延長 県立校、千葉県知事が方針撤回 新型コロナ感染拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、千葉県は5日、県立全学校の休校を4月末まで延長すると発表した。香取・海匝地区を除き、新学期の6日から再開する方針を2日に発表したばかりだったが、県内や東京都内での急激な感染拡大を踏まえて撤回した。6日からの部活動解禁も取り止める。6日の始業式、7日以降の入学式は規模を縮小して行う。

 森田健作知事は県庁で記者会見し「東葛地域を中心に県内全体で感染が広がっており、一層の対策が必要と判断し、教育長に再検討を指示した」と説明した。

 判断が一転したことについて、森田知事は「状況が非常に切迫しており、判断をちゅうちょしたところがあったかもしれない。混乱を起こし、本当に申し訳ない」と語った。

 県立学校は全160校で、うち高校は122校、36校が特別支援学校、2校が中学校。県教委は5日、全県立学校に4月中の休校を文書で通知した。休校中の自宅学習方法については6、7日に登校した際に伝える。

 特別支援学校については、保護者と相談し、生徒の受け入れを検討する。

 沢川和宏教育長は「再開時期は現時点で明確なめどは示せない」とした。

 県立学校は3月上旬から休校が続いている。


  • LINEで送る