ディズニー休園延長 4月20日以降に再開

 浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)は27日、新型コロナウイルス拡大に伴うディズニーランドとシーの臨時休園の期間を再度延長すると発表した。東京都などの外出自粛要請を受けた措置で、再開は当初予定の4月上旬から4月20日以降となる。四つのディズニーホテルも4月1日から臨時休館する。

 OLCによると、アンバサダーやミラコスタなどのディズニーホテルの再開は4月20日以降を予定。1~19日の宿泊予約はキャンセルとなる。5月31日までの予約はキャンセルに伴う手数料を無料にする。

 また、休館中のTDR内の商業施設「イクスピアリ」は、感染拡大防止準備の見通しが立ったとして、4月13日以降に再開を予定する。モノレールは通常運行する。

 休園期間中の前売りチケットは払い戻しか、有効期限の延長で対応。年間パスポートも期限を延ばす。

 ランドとシーは2月29日から休園している。長期休園は、2011年の東日本大震災でランドが34日間、シーが47日間休園して以来。


  • LINEで送る