盗撮で停職1カ月 千葉県企業局の職員

 千葉県企業局は24日、海水浴に来ていた水着姿の女性をスマートフォンのカメラで盗撮した容疑で昨年8月に神奈川県警に逮捕された同局土地管理部の主幹級男性職員(57)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 同局によると、職員は昨年8月4日午後0時20分ごろ、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の路上で30代の女性2人=いずれも東京都=をスマートフォンの動画で撮影した。横浜地検は11月15日に不起訴処分としている。

 県の聞き取りに盗撮を認めており「魔が差し、軽い気持ちで背後からスマートフォンで撮影してしまった。本当に申し訳ない」と話している。

 当日は夏期休暇中で、散策を目的に1人で鎌倉市へ行ったという。


  • LINEで送る