柏の路上で集団強盗 逃走、千葉県内同様事件も

 柏市東柏2の県道で9日午前0時5分ごろ、同市の男性会社員(22)が、年齢性別不明の複数人に顔を殴られるなどして、現金約8千円などの入った財布を奪われた。千葉県内で似た手口の事件が起きており、柏署は関連を含め強盗事件として捜査している。

 同署によると、自転車で帰宅途中だった男性が、交差点に鉄パイプのようなものを持った人物が立っているのを見て徐行したところ、別の人物が左側から自転車を蹴って転倒させ、男性の顔面を殴って「金を出せ」と脅迫。男性が財布を渡すと逃走した。

 現場はJR柏駅の南東約2キロにある新田原近隣センター前の交差点。犯行グループの少なくとも2人は男とみられ、鉄パイプのようなものを持った人物はニット帽とネックウオーマー姿だったという。


  • LINEで送る