ソーセージ10キロ密輸疑い 豚熱など防疫で規制 タイ人の男逮捕

押収されたソーセージ=6日、成田空港第2ターミナル
押収されたソーセージ=6日、成田空港第2ターミナル

 農林水産省動物検疫所成田支所は6日、タイからの持ち込みが規制されている豚肉や鶏肉のソーセージを密輸したとして、家畜伝染病予防法違反の疑いでタイ国籍の男で自称寺院職員、アティット・セーソー容疑者(32)を告発し、県警が同容疑で逮捕したと発表した。逮捕は1月21日付。

 同支所と県警生活経済課によると、昨年11月25日、ソーセージ約10キロをリュックに入れ、タイから成田空港に密輸した疑いが持たれている。手荷物受取所で検疫探知犬がセーソー容疑者の荷物に反応し発覚した。

 「知り合いに頼まれ、売る目的で持ってきた」と容疑を認めている。同支所に対し「加工肉ならごまかせると思った」とも話しているという。

 1月21日にセーソー容疑者が中部空港から入国することが分かり、県警が逮捕。昨年11月10日には同空港にタイからソーセージなど約92キロを持ち込んだとして、動物検疫所が警告していた。

 動物検疫所はアフリカ豚熱(ASF)感染リスクの高まりを踏まえ、昨年4月22日以降、税関など関係機関と連携して持ち込み物の確認を強化。悪質な場合は警察に告発するなど密輸対策を厳格化していた。厳格化後の逮捕者はセーソー容疑者が8人目で、成田空港では初の摘発となった。


  • LINEで送る