小中学校で集団登下校 流山の刃物女逃走

 流山市立常盤松中学校に女が侵入し、男性教員に刃物のようなものを振りかざした後に逃走した事件を受け、同市内の計25の小中学校では15日、集団登下校が実施された。流山署も登下校時間帯に合わせてパトロールを強化している。

 同校によると、登下校時間帯に同校の職員計26人が通学路で見守り活動するほか、朝と放課後の部活動も17日まで中止にする予定だという。

 同署によると、14日朝に20代ぐらいの女が校内にいるのを、男性教員が見つけた。男性教員が声を掛けた直後、女は奇声を上げて持っていた刃物のようなものを振りかざして逃走した。同署は建造物侵入と暴行容疑で捜査している。


  • LINEで送る