高齢夫婦宅に強盗 松戸、容疑の男逮捕

 松戸東署は14日、強盗の疑いで松戸市二ツ木、無職、清水和紀容疑者(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年7月27日午前3時50分ごろ、金を盗もうと松戸市の高齢夫婦宅の1階に侵入。物音で目を覚ました妻(71)に気付かれた際に「人を殺したくないから、お金ちょうだい」と脅迫し、現金約5万円を奪った疑い。

 同署によると、流山市の住宅に忍び込み現金などを盗んだとして、同署と千葉県警捜査3課などが昨年11月、窃盗と住居侵入の疑いで逮捕。捜査の過程で強盗への関与が発覚した。容疑を認め「金を盗もうと家に入り、おばあさんに見つかり脅かして金を取った」と供述している。


  • LINEで送る