有力な手掛かり得られず 鋸南漁船不明

 キンメダイ漁に出て15日以降行方が分からなくなっている鋸南町の勝山漁協所属の漁船「作栄丸」(6・6トン)の捜索は22日、早朝から行われ、伊豆諸島の御蔵島周辺を含む広範囲を確認したものの、有力な手掛かりは得られなかった。きょう23日も千葉海上保安部などが捜索に当たる。

 漁船に乗っているのは30~50代の男性乗組員3人。15日夕にキンメダイ漁のため、御蔵島に向けて勝山漁港を出発したが、午後8時半以降、連絡が取れなくなっている。

◆銚子の漁船も依然行方不明 きょうも捜索

 銚子市の外川漁港を20日に出港してから行方不明になっている銚子漁協外川支所(同市)の1人乗り漁船「加瀬丸」(4・9トン)の捜索が22日早朝に再開し、活動を終了した午後5時半までの段階で発見には至らなかった。

 銚子海上保安部によると、きょう23日は航空機で専従の捜索が続き、船舶は通常のパトロールに切り替える。


  • LINEで送る