牛丼チェーン店で強盗 男逃走、けが人なし 我孫子

 我孫子市並木5の牛丼店「吉野家6号線我孫子店」で2日午後8時20分ごろ、客を装って店内に入った男が、レジカウンター付近にいたアルバイトの男性店員(20)=同市=にカッターのようなものを振り回し「金を出せ。レジを開けろ」などと脅した。

 男性店員がレジカウンターを開けたところ、男はカウンター内に入り右手でレジの中から千円札30~40枚などをつかんで奪い、走って逃げた。店内に客は5~6人、従業員はほかに2人いたが、けがはなかった。我孫子署で強盗事件として男の行方を追っている。

 同署によると、男は身長185センチぐらい。体格は細めで上下とも黒いスエットに黒の目出し帽と手袋、サングラスを着けていた。


  • LINEで送る