カード盗んだ容疑で少年逮捕 松戸署

 松戸署は30日、窃盗の疑いで自称東京都町田市に住む無職少年(19)を逮捕した。電話de詐欺の受け子とみられる。

 逮捕容疑は仲間と共謀し29日午後4時55分ごろ、松戸市の無職女性(82)宅に百貨店や全国銀行協会の職員をかたり「クレジットカードが不正使用された。カードを再発行する必要がある」などとうその電話をかけ、女性宅を訪問。女性が用意したキャッシュカード4枚を封筒に入れ、女性がその場を離れた隙に別の封筒とすり替えてキャッシュカードを盗んだ疑い。

 容疑者が帰った後、被害に気付いた女性が通報。周辺を調べていた同署員が容疑者を見つけ、職務質問した。「お金のためにやった」と容疑を認めている。


  • LINEで送る