組員2人に再発防止命令

 千葉県警捜査4課は31日、正月用の飾り物の購入代を要求したとして県警が中止命令を出していた指定暴力団稲川会傘下組織組員の男2人に対し、類似の要求行為を行う恐れがあるとして、県公安委員会が同日から1年間の再発防止命令を出したと発表した。

 再発防止命令が出されたのは君津市西坂田3、職業不詳の男(56)と木更津市江川、職業不詳の男(40)。

 君津市の男は昨年12月、飲食店など8店舗に飾り物の代金として1万~2万5千円を要求。君津署長が今年2月28日付で計8件の中止命令を出した。

 木更津市の男は昨年11~12月、飲食店など5店舗に同様にして1万2千~5万円要求した。木更津署長が今年3月29日付で5件の中止命令を出していた。


  • LINEで送る