刺し傷複数、殺人断定 遺体は30~50代女性 捜査本部設置 銚子遺棄

 銚子市潮見町の銚子マリーナに保管されていたプレジャーボート内から遺体が見つかった事件で、千葉県警は19日までに、司法解剖の結果、遺体を30~50代ぐらいの女性と確認し、胸や腹などに複数の刺し傷があったことなどから殺人、死体遺棄事件と断定、銚子署に100人態勢の捜査本部を設置した。深さ15センチ以上の刺し傷もあり、銚子署捜査本部は強い殺意があったとみて調べる。

 捜査本部によると、司法解剖で死因は判明しなかった。刺し傷は胸を中心に腹などにも複数あり、鋭利な刃物のようなもので刺されたとみられる。死後数カ月から1年以上が経過していた。身長約157センチで髪の毛は黒色。国籍は不明で捜査本部は身元確認を進めている。

 また、ボートは日本船籍で、所有者は外国人だったことが新たに判明。マリーナにボートを停泊する契約を結んだのは、当時の所有者とみられるネパール人だったことが関係者への取材で分かっており、捜査本部は現在の所有者などの特定を急ぐ。

 遺体は14日、施錠された船室内の木箱の中から、全裸でブルーシートに包まれた状態で見つかった。マリーナはボートの所有者と約2年前から連絡が取れておらず、ボートは約1年前に陸揚げされ、マリーナのヤードに保管されていた。

 県警は当初、同署に特別捜査班を設置して死体遺棄事件として調べを進めてきたが、態勢強化のため捜査本部に格上げした。


  • LINEで送る