強盗致傷容疑で少年2人を逮捕 銚子署

 銚子署は5日までに、強盗致傷の疑いで、沖縄県南風原町のアルバイトの少年(19)と香取市に住む会社員の少年(19)を逮捕し、送検した。

 2人の逮捕・送検容疑は共謀し、2017年9月30日午前2時半~同4時ごろ、銚子市後飯町の路上で、同市の男性会社員(61)の顔を殴るなどして全治約2週間のけがを負わせ、現金1万円などが入った財布を奪った疑い。

 同署によると、アルバイトの少年は「遊ぶ金、酒を飲む金の足しにするためもう一人を誘った」、会社員の少年は「おやじ狩りしたことは間違いない」と容疑を認めている。

 当時、同市内では男性を襲って金品を奪う事件が相次いでいた。アルバイトの少年は同市後飯町の路上で同月26日、60代の男性に暴行を加え現金約18万円などの入った財布を奪った疑いでも逮捕されている。


  • LINEで送る