殺人容疑で長男逮捕 松戸の無職女性殺害

  • LINEで送る

 松戸市松戸の住宅で7月、この家に住む無職の女性=当時(66)=が殺害された事件で、松戸署は8日、殺人の疑いで現場近くに住む長男で神職の男(38)を逮捕した。男は容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月22日午後0時40分~1時15分ごろ、女性方で、持っていた刃物で女性の首を切りつけるなどして殺害した疑い。

 同署によると、男は現場近くの松戸神社で首を負傷した状態で見つかり、病院で治療を受けていた。男は「自分で切った」と供述している。同署は回復を待って逮捕した。

 男は松戸神社の禰宜(ねぎ)で、通院歴があった。事件後の捜査でも親子間のトラブルなどは判明しておらず、男は動機についてあいまいな供述をしているという。同署は詳しい状況を調べている。