市外転出340人に整理券誤送付 参院選で千葉市緑区

 千葉市緑区選管は5日、同区から市外に転出し、新住所地の選挙人名簿に登録されたにもかかわらず、同区で投票できる参院選の「転出者用入場整理券」を340人に誤送付したと発表した。

 新住所地と緑区の二つの入場整理券が送付されたが、同区の選挙人名簿からは抹消されており、二重投票の恐れはないという。

 緑区選管によると、同整理券は、転出先の選挙人名簿に登録されていない人が、緑区で投票できるよう送付している。選管の担当者が3日、本来送る分と取り違えて郵送した。

 緑区に再転入した人に同整理券を送ろうとして誤送付が発覚。同選管は、市内各区の選管に事案を周知するとともに、発送前の最終確認を徹底するなどして再発防止に努めるとしている。


  • LINEで送る