ゲーム通じ現金詐取 容疑の男逮捕、800万円被害か 千葉中央署

  • LINEで送る

 オンラインゲームで知り合った女性から現金25万円をだまし取ったとして、千葉中央署は3日、詐欺の疑いで福島県会津若松市門田町、自称塗装工、猪俣久容疑者(40)を逮捕した。20回以上に分け計800万円だまし取っていたとみられ、同署は裏付けを進めている。

 逮捕容疑は、昨年5月14日~同6月1日ごろ、オンラインゲームのチャット機能でやり取りしていた女性団体職員(31)=千葉市稲毛区=に「胃がん治療の入院にかかった医療費のために現金が必要。8月には返済できるので貸してほしい」とうそのメッセージを送り、現金25万円を自身の口座に振り込ませてだまし取った疑い。

 同署によると、猪俣容疑者は「借りただけ」と否認している。昨年3月~同11月の間に女性に対し「銀行口座が凍結され健康保険料が払えない」などと述べ、800万円をだまし取っていたとみられる。女性が銀行で猪俣容疑者の口座凍結の事実がないことを確認し、詐欺被害が発覚した。