暴行受けた父親死亡 傷害容疑35歳息子逮捕 市川

  • LINEで送る

 同居する父親に暴行を加えけがを負わせたとして、市川署は23日、傷害の疑いで息子の市川市国府台1、自称会社員、高見沢隆容疑者(35)を現行犯逮捕した。父親は搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は暴行との因果関係を慎重に調べている。

 逮捕容疑は23日午後4時10分ごろ、自宅で、同居する父親の国文さん(67)の顔を素手で数回殴る暴行を加え、けがを負わせた疑い。

 同署によると、容疑を認め「父から嫌みを言われて殴ってしまった」と供述している。近所の人から「けんかをしているようだ」と同署に連絡があり、駆け付けた同署員がリビングで倒れている国文さんを見つけ、近くにいた容疑者を取り押さえた。

 容疑者は母親と国文さんの3人暮らしだった。同署で詳しい状況を調べている。