千葉県警、首謀の男再逮捕 市川で不正引き出し容疑 ATM事件

  • LINEで送る

 千葉など17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、千葉県警は22日、窃盗などの疑いで首謀した一人とされる住所不定、無職、井上勇容疑者(41)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。既に福岡県警が逮捕しており、21日に身柄を移送した。

 再逮捕容疑は2016年5月15日午前6時55分~同7時35分ごろ、複数の引き出し役と共謀し、市川市内のコンビニや駅など3カ所のATMで、偽装カードを使って計290万円を引き出した疑い。認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、容疑者は暴走族グループ「関東連合」(解散)の元メンバー。千葉、福岡両県警が指名手配し、福岡県警が2月に窃盗容疑などで逮捕した。

 県内ATMからの引き出し被害総額は約2億円に上り、井上容疑者の不正引き出しに関与したとして県警は46人を逮捕している。