少年、殺人の共謀否定 弁護側は強盗致死を主張 茂原女性強殺

  • LINEで送る

 茂原市東茂原の住宅で昨年2月、住人の椎野芳子さん=当時(85)=が殺害され現金を奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた少年3人のうち、当時17歳だった無職の少年(18)は20日、千葉地裁(川田宏一裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で「2人の少年との間で殺人の共謀はありませんでした」と述べ、殺意を否定した。弁護側も「強盗致死にとどまる」と主張した。

 起訴状などによると、当時いずれも18歳だった少年2人と共謀し、昨年2月26日午前1時15分ごろ、住宅に侵入して寝室で椎野さんの首を絞め、この家にあったナイフ(刃渡り約10・5センチ)で喉を3回突き刺すなどして殺害。現金約1万2千円を奪ったとしている。

 争点となった殺意について、検察側は冒頭陳述で、被害者が「金は腹の中にある」「殺すなら殺せ」と話したことから、被告少年が土木作業員だった少年に対し「じゃあ、殺す?」と発言したと指摘。土木作業員の少年が首を絞め、その後もう1人の少年に挑発されて殺害を実行し、「被告少年は2人のやり取りを見ていたのに制止しなかった」として、殺人の共謀が成立するとした。

 弁護側は、被告少年の発言に他の2人から反応はなかったとし「2人のやり取りをぼうぜんと見ていただけに過ぎない。帰ることを促していた」と殺害への関与を否定。強取した金は1万円だったとした。

 また、土木作業員の少年が出廷し、当時の状況を証言。被害者の首に手を押し当てている際に「手が疲れたので被告少年に代わってもらおうと頼んだら、左手で力を入れて5、6秒首を絞めていた」と明かした。強盗を計画した時に「何だったら殺しちゃえよ」と言われたとも述べた。

 土木作業員の少年は今年1月、千葉地裁での裁判員裁判で無期懲役の判決を受け控訴中。もう1人の少年(19)の公判期日は未定。