母に懲役2年求刑 「責任放棄し悪質」 来月26日判決 野田小4虐待死初公判

 野田市立小4年だった栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったなどとして、傷害ほう助罪に問われた母親のなぎさ被告(32)=同市山崎=の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた。検察側は「子どもを守るべき立場にありながら母親の責任を放棄し、虐待に同調しており悪質」として懲役2年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審した。判決は6月26日。

 起訴状によると、心愛さんが1月24日に死亡する2日前から、勇一郎被告が心愛さんを自宅居間や浴室で立たせ続け、冷水シャワーを浴びせるなどの暴行を加え、胸を骨折させ、強いストレスや飢餓による衰弱状態にさせた上で死なせたとしている。なぎさ被告はその間、勇一郎被告の指示で食事を与えないなど暴行を手助けしたとしている。

 なぎさ被告は、初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。弁護側も事実関係を争わず、ドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとして「勇一郎被告の支配下に置かれ逆らえなかった」と情状酌量を求めた。

 検察側は冒頭陳述で、心愛さんは遅くとも2017年7月には、夜中に立たせられたり、床に正座させられたりするなど、勇一郎被告から虐待を受けていたと指摘。「家に帰りたくない」となぎさ被告に訴えることもあり、なぎさ被告は虐待を認識して暴行を止めたこともあったが、「警察や児童相談所に通報しなかった」と非難した。

 さらに、沖縄県糸満市から野田市に転居した17年、一時的になぎさ被告と離れて暮らしていた心愛さんが当時の状況を「毎日地獄だった。夜中にずっと立たされたり、妹の世話をさせられたりしていた」と話したとするなぎさ被告の供述調書を読み上げた。

 勇一郎被告は1月1日ごろ、自宅でなぎさ被告の胸ぐらをつかんで顔を平手で殴り、太ももを蹴るなどの暴行を加えたなどとして暴行罪でも起訴されているが、裁判員裁判の期日は未定。

◆「裁判通じ解明を」 知事、県検証と並行し

 野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が死亡した虐待事件の公判開始について、森田健作知事は16日の記者会見で「公にいろいろなことがはっきりと出てくる。裁判を通じて解明してほしい」と述べ、県が設置した第三者検証委員会の調査と並行し、幼い命が失われた事件の全容を解明する必要性を強調した。

 事件を巡っては、県柏児童相談所が心愛さんの一時保護解除に至った判断自体や、関係行政機関のずさんな対応も問われている。森田知事は「私たちが二度と起こさないという気持ちをしっかり持ち、再発防止に全力で取り組まなければ」とも改めて説明。家庭などで虐待を受けた子どもを学校現場で救う態勢づくりも不可欠との認識を示した。

 検証委の次回会合は今月24日に開かれる見込み。


  • LINEで送る