「焦げ臭い」原因分からず 8日夜、千葉市で通報相次ぐ

 千葉市で8日夜、「焦げ臭い」などと異臭を訴える119番通報が相次いだ。消防が出動したが原因は分からず、市消防局は何らかの一過性の異臭が一部地域に流れ込んだとみている。

 同局によると、8日午後9時~10時すぎ、市西部の稲毛や花見川、美浜の3区の住民から「燃えたような臭いがする」「焦げた臭いがする」「異臭がする」といった通報が84件寄せられた。消防が23件の現場に出動し、うち19件で異臭を確認したが、臭いの発生元は分からなかった。

 110番通報も約20件、東京ガスにも13件の問い合わせがあったが、ガス漏れなどは確認できなかった。

 通報は、美浜区磯辺から花見川区柏井町まで、南北約8キロの広範囲にわたった。同区の男性会社員(50)は「家の外に出たら、焦げたような臭いがしていた。どこかで火事が起きているかと思ったが、午後11時ごろには臭いがほぼなくなっていた」。市消防局の担当者は「臭いは消えてしまうので原因を突き止めるのは困難」と困惑した様子で話した。


  • LINEで送る