千葉県内花冷え 厚着で対抗 佐倉は7度台

  • LINEで送る

桜が散る中、ダウンコートや耳当てを身に着けて防寒する通行人=10日、千葉市中央区
桜が散る中、ダウンコートや耳当てを身に着けて防寒する通行人=10日、千葉市中央区

 気象庁は10日、低気圧と強い寒気の影響で、甲信や関東北部で11日にかけて雪が降り、山沿いでは大雪となる恐れがあるとして、交通障害や雪崩に注意するよう呼び掛けた。関東南部の山沿いでも積もる所がある見込み。10日の県内は、最高気温が10度を下回るところが多く、真冬に戻ったような寒さとなった。

 銚子地方気象台によると、県内では佐倉市で最高気温が7・4度と平年より10度低かった。日中も気温が上がらず、我孫子市(7・6度)、香取市(8度)など全15観測地点のうち11地点で10度以下に。およそ半数の観測地点で「最も寒い時期を下回る」肌寒さとなった。

 気象庁によると、東京都心部は厚い雨雲に覆われ北寄りの風も吹き、気温が正午前で5・1度と上がらなかった。厚手のコートやマフラーを身に着けて出勤するサラリーマンらの姿が見られた。東京都、埼玉県などでは雪が降った地点もあった。

 低気圧は西日本から東海道沖を通り、10日夜には伊豆諸島付近へ進む見通し。東日本の上空約1500メートル付近には氷点下3度程度と、この時期としては強い寒気が流れ込んでいる。