虐待防止マニュアル刷新へ 市と有識者2回目会合 野田小4死亡

  • LINEで送る

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した虐待事件で、市幹部や有識者らが再発防止策を講じる「市児童虐待事件再発防止合同委員会」が9日、2回目の会合を開いた。現行の市虐待防止マニュアルを改め、新たに児童相談所、学校、警察など、具体的な連携方法を機関別に示した個別マニュアルの作成を決めた。

 会合は非公開で、メンバーは委員長の今村繁副市長ら市幹部5人と、ジャーナリスト・江川紹子氏や弁護士ら外部5人の計10人。市によると、新たなマニュアルは、市と千葉県柏児童相談所の間で役割分担を明確化するためのマニュアルを基本に、対学校、対警察といった個別版を用意。実際の事例に基づき、より具体性を高めた内容に仕上げる方針で、今村副市長は「年度内に根幹部分を作りたい」としている。

 市の現行マニュアルは7年前から改定されておらず、職員もほとんど活用していなかった。

 また、検討を進めている弁護士が学校での法的相談に乗る「スクールロイヤー」の制度設計案も協議。配置人数を7~8校に1人とする方針を話し合った。

 会合後、報道陣の取材に応じた委員の日本大学危機管理学科・鈴木秀洋准教授は、弁護士の人選を慎重に行うべきだとして「学校の先生が(スクールロイヤーに)相談するのでは、子ども目線の相談にならない。学校協力者としてのスクールロイヤーではだめ」と指摘。江川氏は「子どもの人権を守りたいという弁護士に付いてほしい。現場の声を聞ける環境づくりを」と話した。