元ダンサー「パレードで両膝負傷」 1.5億円求めOLCを提訴 千葉地裁

  • LINEで送る

 東京ディズニーランド(TDL、浦安市)のパレードダンスが原因で両膝を負傷し歩行困難になり、療養生活を余儀なくされたとして、元ダンサーの大川英典さん(51)が、運営会社のオリエンタルランド(OLC)などに計約1億5400万円の損害賠償を求め、千葉地裁に提訴した。第1回口頭弁論が19日にあり、OLC側は請求棄却を求め争う姿勢を示した。

 訴状によると、大川さんは1995年6月からパレードダンスに出演していたが、翌年4月ごろから両膝に激痛を感じ就労が困難になり、同9月にダンサーを辞めた。両膝の靱帯(じんたい)を痛める「膝蓋(しつがい)靱帯炎」(ジャンパー膝)と診断され、ダンス業務が原因として2005年、船橋労働基準監督署が労災認定。その後、両足の神経性疾患も労災として認めた。

 大川さん側は、OLCと雇用関係にあったとして「足の痛みを訴えた後も何ら考慮することなくダンス業務を続けさせた」と、OLCがダンサーのけがを防ぐ安全配慮義務を怠ったと主張。当時パレードを統括していた元上司の男性に対しても「救護措置などを取らず、退職せざるを得ない状況にまで追い込んだ」として、OLCと連帯して損害賠償を求めた。

 大川さんは、膝や足首などの痛みが続き現在も治療中で、つえを使わないと歩くことができない。19日に記者会見し「子どもたちに夢を与える仕事だと誇りを持っていた。働く人の環境が良くなれば、会社(OLC)のためにもなる。より良い企業になってほしい」と話した。

 OLCは「係争中なのでコメントは差し控える。裁判の中で見解を明らかにしていく」としている。

 TDLを巡っては、着ぐるみ姿でパレードに出演していた女性2人が過重労働やパワーハラスメントを訴え、同社に計約755万円の損害賠償を求め千葉地裁で係争中。