JR内房線巌根駅でオーバーラン 運転士「快速と勘違い」

  • LINEで送る

 木更津市岩根3のJR内房線巌根駅で20日午後8時40分ごろ、千葉発君津行き下り電車(6両編成)がホームを約60メートル通り過ぎて停車した。JR千葉支社によると、各駅停車だったが30代の男性運転士が「快速電車と勘違いしてしまった」と話しているという。

 50代の男性車掌が駅に近づいても減速しないことに気付き非常ブレーキで停車。踏切内で止まり、後退すると誤作動を起こす可能性があったため、電車は約11分後に次の木更津駅に向かって運転を再開した。下車できなかった約15人が木更津駅で乗り換えた。乗客およそ160人にけがはなかった。運転ミスにより上下3本が最大14分遅れ、500人に影響した。