殺人罪で元部下起訴 千葉地検、強盗罪認定せず 佐倉経営者殺害

  • LINEで送る

 佐倉市ユーカリが丘4の高層マンション一室で2018年11月、住人の日本語学校経営、岩井二郎さん(75)が殺害された事件で、千葉地検は8日、殺人罪で元部下の同市上座、無職、高野和彦容疑者(54)を起訴した。県警は昨年12月、岩井さんを殺害し、自宅から現金約20万円を奪ったとする強盗殺人容疑で逮捕していた。

 起訴状などによると、18年11月23日ごろ、マンションの岩井さん宅で、頭を多数回殴打して転倒させ、体を踏みつけるなどし、脊椎損傷による脊髄ショックなどで殺害したとしている。

 地検は殺人罪での起訴について「現段階の捜査状況で殺人罪が相当と判断した」と説明。証拠から強盗罪は認定できないと判断したとみられる。高野被告は県警のこれまでの調べに「身に覚えがない」と容疑を否認していた。

 高野被告はかつて岩井さんの会社に勤務し、岩井さんの送迎などを担当。捜査関係者によると、仕事上のトラブルを巡り昨年3月ごろ退職した。マンションの地下駐車場付近で酒瓶が見つかり、事件で使われた可能性がある。

 岩井さんは18年11月25日午後1時半ごろ、1人で暮らしていた29階建てマンションの最上階の自宅で、頭から血を流して倒れていた。