正面衝突で女性死亡 野田の千葉県道

  • LINEで送る

 21日午前5時55分ごろ、野田市新田戸の県道で、軽ワンボックス車と、対向車の大型トレーラーが正面衝突した。軽ワンボックス車を運転していた茨城県境町、パート、渡辺三智子さん(75)が全身を強く打ち、間もなく死亡。野田署は現場の状況などから、渡辺さん側がセンターラインをはみ出した可能性が高いとみて、詳しく調べている。

 同署によると、現場は片側1車線のゆるやかなカーブ。渡辺さんは埼玉県内のパート先へ向かう途中だったという。大型トレーラーの男性会社員(43)にけがはなかった。

 同市では17日にも車両同士が衝突し、軽乗用車を運転していた女性(62)が死亡した。同署は、22日から10月1日まで交通死亡事故多発警報を発令し、取り締まりを強化するとともに交通安全を呼び掛ける。