国内運転免許への翻訳増加 JAF千葉、訪日客の影響で

  • LINEで送る

 訪日外国人が日本国内で乗用車を運転する際に必要な証明書「外国免許証の日本語翻訳文」の発行件数が、日本自動車連盟(JAF)千葉支部で増加している。今年4月に277件を発行し、前年同月と比べて14%増。同支部は「訪日外国人客数が過去最高を記録した影響」とみている。

 同証明書は、外国の自動車免許証保有者が、日本の免許証に切り替える際に提出する書類の一つ。氏名や生年月日、運転可能な車種などが記されている。JAFは国家公安委員会から指定を受けて翻訳文の作成業務を行っており、これまでに全国で200カ国以上の翻訳実績がある。

 翻訳文の発行には申請書と外国運転免許証などが必要で、1通3千円。全国のJAFの窓口で発行している。郵送でも申請できる。問い合わせはJAF千葉支部(電話)043(301)0800。