検察側「常軌逸した犯行」 「立証十分でない」弁護側 渋谷被告に死刑求刑

レェ・ティ・ニャット・リンさん
レェ・ティ・ニャット・リンさん
公判を終え記者会見で心境を話すリンさんの父、ハオさん。母、グエンさん(手前)も「(死刑求刑に)安心した」と述べた=18日、千葉市中央区の県弁護士会館
公判を終え記者会見で心境を話すリンさんの父、ハオさん。母、グエンさん(手前)も「(死刑求刑に)安心した」と述べた=18日、千葉市中央区の県弁護士会館

 当時9歳だったレェ・ティ・ニャット・リンさんが殺害された事件の裁判員裁判で18日、殺人などの罪に問われた渋谷恭正被告(47)に死刑が求刑された。検察側がDNA型鑑定の適切さを主張し「常軌を逸した犯行。反省の態度は皆無で、更生の可能性はない」とする一方、弁護側は「DNA型鑑定以外の証拠がない。被告しか犯人とする可能性がないのか。検察側は十分に立証できていない」と、渋谷被告と共に無罪を主張。10回にわたって開かれた裁判の行方は、7月6日に判決が言い渡される。

 検察側は論告で、リンさんが行方不明になった昨年3月24日の行動について渋谷被告が、同じマンションの住民に会ったり、釣りの準備をして下見に行ったりしたとする説明を「場当たり的な供述。内容が不自然」。同日午後にリンさんの所持品や遺体が見つかった現場周辺を渋谷被告の軽乗用車が走行し、帰宅した同10時ごろまで具体的なアリバイがないことから「遺体や所持品を遺棄する機会は十分あった」と述べた。

 また「リンちゃんとは顔見知りで口封じの必要もあった」と主張。ネクタイから検出された唾液は首を絞めたか、口をふさいだためで、遺体の胃の内容物から不明になった当日正午までに殺害されたと指摘。渋谷被告が登校中のリンさんに声を掛けるなどして軽乗用車に乗せ、車内で手錠で拘束してマスクをかぶせわいせつな行為をして殺害し、遺体を遺棄したとした。

 被害者参加弁護士も意見陳述し「当たり前の幸せが被告によって全て奪われた」「リンちゃんの命を償う唯一の方法は死刑しかない」と死刑判決を求めた。

 一方の弁護側は、最終弁論でDNA鑑定と同時並行で他の鑑定が行われたことなどを指摘し「警察が犯人を早期に逮捕しなければならないプレッシャーから証拠を捏造(ねつぞう)した」と主張。渋谷被告のDNA型を意図的に混入させたとした。

 行方不明当日の渋谷被告の言動が関係者らの証言と食い違うことに「被告がうそをついたとしても犯人とする裏付けにはならない」。軽乗用車の車内複数カ所からリンさんの血液が見つかったことには、渋谷被告が被告人質問で自分の子どもと一緒にリンさんが車内で遊んでいたと話したことを踏まえ「子どもがどこかを擦りむくことはよくあること。血が付いた手であちこちを触った可能性がある」とした。

 さらに「手錠やマスクを犯行に使ったのであれば、なぜ処分しなかったのか。軽乗用車に血や尿が付いたのなら、どうして掃除をしたり床マットを捨てたりしなかったのか」と疑問を呈し「疑わしきは被告人の利益に」と述べた。


  • LINEで送る