「2人の握手驚いた」 世界平和の一歩に 【米朝首脳会談】

  • 0
  • LINEで送る

 「米朝両首脳の握手は驚いた」「拉致被害者は帰ってきて」-。12日に行われた史上初の米朝首脳会談に、千葉県民からは驚きと歓迎、拉致問題の早期解決への期待などの声が上がった。

 「トランプ氏と金正恩氏が握手したことには驚いた」と話した千葉市中央区の病院勤務、菅原陽菜さん(30)は、「日本はシェルターなどの避難施設が普及していないので、北朝鮮が繰り返しミサイルを発射したことは怖かった。会談が平和な世界への一歩になってほしい」と願った。

 子育て中の同区、小杉美世さん(41)は、「会談が実現しただけでなく、和やかな場面もあったなんて驚いた。米国に敵対していた金正恩氏にどのような心境の変化があったのか」と首をかしげた。

 船橋市の会社員、窪田末弘さん(72)は拉致問題の早期解決を求めた。「拉致被害者は、親が亡くなる前に一人でも多く帰って来てほしい。米国任せでなく、日本も北朝鮮と会談するべきだ」と注文。

 千葉市国際交流協会で語学ボランティアを続ける中央区の鶴岡正保さん(67)は「拉致問題については、北朝鮮が既に解決済みとの認識のため、進展は難しいのでは」と心配した。

 千葉市稲毛区の主婦、森岡直子さん(47)は「核の脅威が早くなくなってほしい。日本や中国も存在感を発揮して」と期待。千葉大学大学院に通う中国の留学生、蒋丹さん(29)は「アジア全体の平和実現に向けた一歩になれば。北朝鮮が早く武装解除してくれることに期待したい」と述べた。

 米朝首脳の関係に向けて、冷ややかな見方も。千葉市中央区の中学2年、尹綵媛さん(14)は「トランプ氏は北朝鮮にだまされそうな気がする。協力するとなっても形だけで、結局裏切られるのでは」と疑問を投げ掛けた。