鑑定作業も適切と強調 DNA型で科捜研 松戸女児殺害・第4回公判

  • LINEで送る

 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が昨年3月に殺害された事件で、殺人と強制わいせつ致死などの罪に問われた渋谷恭正被告(47)=同市六実4=の第4回公判が7日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、検察側の証人として千葉県警科学捜査研究所(科捜研)の研究員らが出廷し、証拠品から採取したDNA型鑑定を的確に実施したと証言した。これまでの公判で、県警捜査員が証拠品の採取や管理に問題はなかったと証言しており、鑑定作業も適切に行われていたことを強調した。

 この日出廷したのは、被害者の遺体や被告の軽乗用車から採取した血痕などのDNA型を鑑定した科捜研の研究員と、軽乗用車から血痕を採取した鑑識課捜査員。検察側は証人尋問前、鑑識作業に使う証拠採取具の形状などを示すため渋谷被告に提示。渋谷被告は前かがみにのぞき「見えない」などと発言する場面もあった。

 研究員は、鑑定結果は複数人で確認し、結果を変更することは不可能であると証言。研究員らは自身のDNA型を把握しており、今回の鑑定で研究員のDNA型が出たことはなく、意図的に被害者や被告由来のDNA型を混入することはないと断言した。

 また、新品のヘアキャップや手袋、マスクなどを着用して鑑定作業をしたとし、作業室に入室する際は強風を当て「ごみやふけを飛ばして体に付かないようにした」と細心の注意を払っていたと述べた。

 専門用語が飛び交った研究員の尋問では、野原裁判長が証人や検察側に対して「(裁判員に)もっと分かりやすく説明してください」と指摘する場面も。検察側が証拠書類の図面を法廷内のモニターに映したり、研究員は証言台でイラストを描いて説明したりした。

 軽乗用車の鑑識を実施した捜査員は、検察側から軽乗用車に釣り道具があったか問われると「なかったと記憶している」。弁護側はリンさんが行方不明になった日、リンさんのランドセルなどが見つかった現場周辺を渋谷被告の車が走行していたのは、釣りの下見のためだったと主張している。

 第5回公判は11日午前10時から、引き続き科捜研の研究員の証人尋問が行われる予定。