女性の顔に熱湯、ペンチで歯折る 傷害容疑で男女逮捕 酒々井

  • LINEで送る

 佐倉署は28日、傷害の疑いで、酒々井町ふじき野3に同居する自称会社員、高村良(28)、自称自営業、小倉実里(27)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して、3月初旬ごろから今月18日までの間、自宅で同居していた無職女性(25)を棒などで殴ったり、顔や耳に熱湯をかけたり、ペンチで歯を折るなどの暴行を加え、顔や耳、首、足などにけがを負わせた疑い。

 同署によると、小倉容疑者は女性が以前働いていたエステ店の元上司で、女性が家庭の事情で行き場がなくなり、同居させていた。両容疑者は内縁関係にあり、女性に対して「約束を守らなかった」「人の話を聞いていなかった」などと理由を付けては、ほぼ毎日暴行を加えていたという。

 今月18日、女性が近くのコンビニ店を訪れた際、女性の顔が腫れ上がっていることを店員が不審に思い、事情を聴いて発覚、交番に通報した。女性は「怖くて逃げられなかった」と話しているという。両容疑者は「やってないこともある」などと容疑を一部否認している。