自宅に放火疑い再逮捕 松戸の住宅火災

  • LINEで送る

 先月に松戸市内の住宅が焼け、周辺の6棟に延焼した火災で、松戸東署は2日、自宅に放火したとして現住建造物等放火の疑いで住所不定、自称無職、高橋渉容疑者(27)=傷害容疑で地検松戸支部に送検=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月9日午後4時半ごろから同5時半ごろまでの間、松戸市平賀の自宅に放火し、2階建て住宅を全焼させた疑い。火災によるけが人はなかった。

 同署によると、高橋容疑者は両親と3人暮らしで、出火直前に母親(60)とトラブルになり、椅子で殴って右手を骨折するけがを負わせていた。父親(58)は仕事で不在だった。高橋容疑者は火災後に行方不明になっていたが、同月12日に自宅前で同署員が見つけ、傷害容疑で逮捕。取り調べの中で、放火について容疑を認めたという。