千葉県内各地で夏日 香取、茂原は26.5度

  • LINEで送る

水辺で水鉄砲をして遊ぶ子ども=21日午後、松戸市千駄堀の21世紀の森と広場

 日本列島は21日、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で全国的に気温が上がり、各地で30度以上の真夏日となるなど、今年一番の暑さとなった。千葉県内も広く晴れて汗ばむ陽気に。銚子地方気象台によると、香取市と茂原市で26・5度、市原市牛久で26・1度など、各地で夏日を観測した。

 松戸市の21世紀の森と広場では、園内の小川に入って水遊びをする子どもの姿もみられ、強い日差しを楽しんでいた。息子2人と訪れた嘉江愛さん(36)=同市=は「今年初めての水遊びに(息子を)連れてきた。春とは思えない暑さ」と驚いた。

 きょう22日も全国的に気温の高い状況が続く見通し。暑さに慣れていない時期のため、銚子地方気象台は熱中症などへの注意を呼び掛けている。