乳児の首絞めた疑い 印西署、3等陸曹を逮捕

  • 0
  • LINEで送る

 印西署は17日、殺人未遂の疑いで、印西市牧の原4、陸上自衛隊松戸駐屯地(松戸市)の3等陸曹、塚本聖史容疑者(30)を逮捕した。

 逮捕容疑は、13日午後7時50分ごろ、自宅で生後3カ月の次男の首を手で絞め、殺害しようとした疑い。

 同署によると、次男は首などに軽傷を負い、印西市内の病院に搬送。病院が児童相談所に連絡して発覚した。塚本容疑者は妻と子ども3人の5人暮らし。「子どもが泣きやまなかったため、かっとなってしまった」と容疑を認めているという。

 松戸駐屯地によると、塚本容疑者の勤務態度は真面目だったという。同駐屯地司令の上田和幹陸将補は「隊員が殺人未遂事件を起こしたことは遺憾。事実が明らかになったら、厳正に対応する」とコメントした。