三井物産社員を逮捕 覚醒剤と大麻を密輸容疑 成田税関

  • 0
  • LINEで送る

押収した覚醒剤と大麻=10日、成田空港

 覚醒剤と大麻を密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と成田国際空港署は10日、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反などの疑いで東京都文京区本郷、三井物産社員、戸田勝宣容疑者(49)を現行犯逮捕、送検したと発表した。千葉地検は同日、同法違反などの罪で起訴した。

 起訴状などによると、3月20日午後5時半ごろ、サウジアラビアからアラブ首長国連邦を経由して成田空港に到着した際、ズボンのポケットに覚醒剤約14グラム(末端価格約85万6千円)を、バッグに大麻約41グラム(同24万5千円)を隠して密輸しようとしたとしている。

 同支署によると、覚醒剤が付着した焦げたアルミホイルも所持しており、自身で使っていたとみられる。成田空港で税関職員が見つけた。戸田被告は出張でサウジに約1週間滞在した帰りだった。取り調べ段階では「出張先の工場で使っている原料のサンプルだと思っていた」などと容疑を否認している。

 三井物産は「ご迷惑をお掛けし深くおわび申し上げる。全社員のコンプライアンス強化に向けた取り組みを徹底していく」とコメントした。