「矯正治療完了するの?」 戸惑う患者 100万超前払い、返金要求も

  • LINEで送る

 「歯の矯正治療は完了するの」「治療できないなら返金を」-。県内で3歯科医院を運営する「医療法人社団和洸会」が保健所に届けず休診し、事実上の“診療拒否”となっていることが分かり、治療中の患者には戸惑いが広がっている。

 患者が指摘する問題は(1)前払いしている高額の矯正治療費(2)カルテの適正管理-など。

 特に、矯正治療は自由診療のため保険が効かず、「計110万円以上を前払いした」というケースもある。患者側は「治療が完了するまで医院は責任を持つべき」「治療できないなら返金すべきだ」と、3歯科医院に適切な対応を要求。

 ただ、3医院に電話はつながらず、古谷充朗理事長とも連絡が取れないため、解決の見通しは立っていない。

 相談を受けた消費生活センターには、成人の日に晴れ着が届かなかった「はれのひ問題」との類似点を指摘する声も上がっている。