ストーカー女に猶予判決 地裁松戸支部「被害者に恐怖心」

  • LINEで送る

 好意を寄せる20代男性=柏市=に大量のメールを送りつけ逮捕された女が、釈放後に男性に会いに行ったとして再び逮捕されたストーカー事件で、ストーカー規制法違反の罪に問われた我孫子市栄、無職、中村弘美被告(43)の判決公判が22日、地裁松戸支部で開かれ、一場修子裁判官は「犯情は悪質」として懲役6月、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡した。

 判決で一場裁判官は「(接近)禁止命令を受け、わずか9日後から4日間連続で被害者の勤務先まで2時間半かけて徒歩で会いに行った経緯に酌量の余地はない。被害者に恐怖心と精神的苦痛を与えた」などと指摘。「犯行を認め反省し、今後精神科に通いながら仕事を見つけ自立すると約束している」として執行猶予付き判決とした理由を述べた。

 判決によると、中村被告は男性への接近を禁止する命令が出ているのにもかかわらず、昨年12月1~4日、男性の勤務先付近の路上をうろつき、勤務先の様子をうかがったり男性を見張ったり付きまとい行為を繰り返した。