産総研研究員の男ら逮捕 女性宅に侵入の疑い 撮影画像ネット掲載か

  • LINEで送る

 女性宅に侵入したとして、千葉中央署は16日、住居侵入の疑いで東京都江戸川区西葛西2、自称国家公務員で、経産省が所管する国立研究開発法人産業技術総合研究所人間情報研究部門主任研究員、堀俊夫(50)と、同中野区中央3、無職、八木隼人(36)両容疑者を逮捕した。2人は侵入して撮影した画像をインターネットの掲示板に載せていたという。

 2人の逮捕容疑は共謀して昨年3月29日、県内の2階建てアパート一室の一人暮らしの女性宅に侵入した疑い。同署によると、堀容疑者が留守中の女性宅に侵入して室内の写真を撮影。画像をメールで受け取った八木容疑者が闇サイトの掲示板に載せていたという。

 2人は同サイトで知り合ったといい、容疑を認めている。同年11月に警視庁がサイバーパトロールで掲示板に女性宅の画像が載っていたのを見つけ、同署で捜査を進めていた。サイトのアクセス履歴から2人が浮上。女性と2人の関係や同様の犯行の有無、詳しい動機を捜査している。八木容疑者は同年3月下旬に県内の別の住居へ侵入した疑いで今月7日に同署に逮捕されていた。