「手術で男性器壊死」 50代男性が美容整形外科医を提訴

  • 0
  • LINEで送る

 手術が原因で性器の一部が壊死(えし)したなどとして、50代後半の男性が、船橋市内の美容整形外科クリニックと担当した院長医師に対し、約2億4千万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こした。第1回口頭弁論が2日開かれ、院長側は請求棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。
 
 訴状や男性の代理人によると、男性は2015年10月、性器を増大させる手術を受けた後、一部が黒く変色。約3週間にわたり院長から処置を受けたが改善せず、壊死した部分を別の病院で除去した。

 尿線が上向きに変形してしまったため排尿に支障をきたし、生殖機能が失われたに等しく、精神的な苦痛も大きいとする。

 性器を増大させる充塡(じゅうてん)材の注入方法が適切でなく血流障害が生じた疑いがあるとし、術後の処置も適切でなかったと主張。リスクや副作用について事前に十分な説明がなく、「危険性が説明されていれば、手術を受けなかった」としている。

 男性は過去にも別の医療機関で男性器を増大させる手術を受けており、代理人は「院長は2回目の手術だからこそ、より危険性を認識する必要があった」。また提訴について「危険性について十分な説明がないまま、多くの美容整形手術が行われている現状がある。社会への警鐘の意味もある」としている。