19歳少女刺した疑い 知人の自衛官逮捕 東金署

  • 0
  • LINEで送る

 知人の少女(19)=東金市=を刃物で刺したとして、東金署は8日、殺人未遂の疑いで、北海道帯広市の陸上自衛隊帯広駐屯地の第5後方支援隊に所属する陸士長、吉村将也容疑者(23)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は7日午後7時20分ごろ、東金市内の少女宅で、専門学校生の少女の腹や背中を刃物で複数回刺して殺害しようとした疑い。少女は重傷を負って病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 同署によると、少女の家族が110番通報。吉村容疑者は現場から逃走したが、少女宅から約1・2キロ離れた市道で「(少女を)刺した。自首したい」と自ら110番通報しているところを同署員に発見された。逮捕は7日。同署は動機などを詳しく調べている。

 吉村容疑者は陸自帯広駐屯地の陸士長。同駐屯地によると吉村容疑者は5日まで休暇を取っていたが帰隊せず、家族から捜索願が出されていた。