モニタートラブルで総武線運休 JR千葉支社

  • 0
  • LINEで送る

 20日午前5時45分ごろ、船橋市前原西1のJR総武・中央線(各駅停車)の習志野運輸区内で、出庫予定の津田沼発三鷹行き上り電車(10両編成)を運転士が点検中に、運転台のモニターに異常を知らせる表示が出た。運転士が点検を行ったが、復旧しないため同電車の出庫を中止した。JR千葉支社で電気系統の故障が原因とみて詳しく調べている。

 同支社によると、上下2本が運休、乗客約2千人に影響した。