香取の監視区域解除 環境省、鳥インフルで

  • 0
  • LINEで送る

 茨城県で回収された野鳥の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は6日、香取市の一部を含む回収地の周辺10キロ圏内に設定されていた野鳥監視重点区域の指定を解除した。

 県内では松戸、市川、流山の3市の一部は引き続き同区域に指定されている。