児童の列に車、4人重軽傷 運転の19歳少年逮捕 八街

  • LINEで送る

 2日午前7時10分ごろ、八街市文違の国道409号で、集団で登校していた小学生の列に、後ろから来た2トントラックが突っ込んだ。佐倉署などによると、いずれも同市立朝陽小学校の児童で、3~5年生の男女4人がけがをして病院に搬送された。うち、列の先頭を歩いていた3年生の男子児童(9)が頭の骨を折る重傷。命に別条はないという。他の3人は軽傷とみられる。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた茂原市の自称会社員の少年(19)を現行犯逮捕した。「助手席の同僚との話に夢中になっていた」などと供述しているといい、同署が詳しい事故原因を調べている。

 現場はJR総武線八街駅から北に約2キロ。近くには大型スーパーなどの商業施設が立ち並んでいる。