千葉で児童の列に車、4人けが トラックの19歳少年逮捕 八街の国道

 2日午前7時10分ごろ、八街市文違の国道で、登校中の小学生の列にトラックが突っ込んだ。県警や消防によると、男児3人と女児1人がけがをして病院へ搬送された。男児1人が重傷とみられ、詳しい状況を調べている。

 佐倉署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた同県茂原市の会社員の少年(19)を現行犯逮捕した。

 八街市教育委員会などによると、けがをした4人は、現場の近くにある市立朝陽小学校2年~5年生の児童。当時、通学路になっている道路の歩道を集団登校していた。

 現場はJR総武線八街駅の北約2キロ。(共同)


  • LINEで送る