酒々井の民家に切断遺体 住人女性から事情聴く 千葉県警

  • 0
  • LINEで送る

 12日午後3時40分ごろ、酒々井町上本佐倉1の民家を訪れた知人3人から「同級生の友人と連絡が取れない」と、佐倉署に通報があった。署員が駆け付けたところ、1階リビングから、ビニール袋に入った人の頭部と足が見つかった。遺体は切断されたとみられる。千葉県警によると、この家には姉と弟(21)=職業不詳=の2人が住んでおり、弟と連絡が取れていないことから、遺体は弟とみられる。同署で死体損壊・遺棄事件として姉(25)から詳しく事情を聴いている。

 同署によると、午後6時45分ごろに同署員が駆けつけたところ、室内には姉がいた。遺体の入った袋の口は結ばれていなかった。頭部は損傷が激しく、下あごがない状態だった。室内に胴体やもう片方の足、両腕などは見つかっていない。

 知人は弟の中学の同級生らで、3人は先月末から弟と連絡がつかなかったことから直接家を訪れ、姉と何らかのやりとりをしたが、室内に入れなかったため通報したという。

 県警では、きょう以降に現場検証を行うほか、司法解剖を行い死因などを詳しく調べる。

 近所の無職女性(80)は「何人家族かは分からないが、若い女性が住んでいてあいさつする程度。父親は何年か前に亡くなっていたと思う」と話していた。

 現場は酒々井町役場から約1・2キロ、国道51号上本佐倉交差点から約100メートルの住宅街。